Facial dressing up

必需品のメイク道具

メイクアップアーティストの必需品のメイク道具とは

メイクアップアーティストとはテレビや映画・雑誌などのメディアや、ファッションショーなどのイベントでモデルさんや芸能人にヘアメイクを施すプロのことをいいます。
中にはブライフダルサロンで一般人向けにヘアメイクをしている人も多数います。
主な活躍の場はヘアメイク専門の事務所やエステサロン・ブライダルサロンや化粧品メーカーなどです。
メイクアップアーティストは昔から人気の職業であり、現在でも多くの若者が専門学校などに通いプロの技術を身につけるために頑張っています。
プロのメイクアップアーティストの職業上の最大の武器といえば、驚くのがそのメイク道具の数の多さです。
色とりどりのアイカラーやフェイスカラー・ラインを引くための様々な太さのブラシなど多くのメイク道具を持参しています。
メイクアップアーティストは一人ひとりに合ったオリジナルのヘアメイクを施こすために、この様な数多くのメイク道具を常に持参しているのが特徴でもあります。

メイクアップアーティストのメイク道具との関わり方

メイクアップアーティストは、メイクを施すことが仕事。
メイク道具は仕事をする上で必要不可欠な道具であり、普段からかなりの数を持ち歩いています。
一般の女性はポーチひとつで収まるくらいの数を持って出かけますが、プロはその何倍もの数を持っています。
メイクを施すモデルによって道具を使い分けたり、仕事内容によって使い分けるということも日常的にあることです。
そもそもメイク道具は種類が豊富で、色だけをとっても数えきれないほどの種類が存在します。
また、ファンデーションなどを筆頭にデリケートに作られているものが多く、雑に扱うとすぐに使えなくなってしまうことも。
持ち運びの際は注意して物を大切に扱うという基本的なことも大切になってきます。
メイクに正解というものはなく、時代の流れに沿うように流行が変わることもあり、その時々で使う道具も変えていく必要があります。
臨機応変に対応しながらメイク道具を使いこなす、それがプロのメイクアップアーティストなのです。

おすすめWEBサイト 5選

2017/4/11 更新