Facial dressing up
 

メイクアップアーティストの仕事内容


メイクアップアーティストの仕事内容とは

メイクアップアーティストとは、プロとして人にヘアメイクを行う人のことを言います。
こう聞くとタレントやモデルといった特別な人だけを対象にした仕事と思われる方も多いのですが、成人式やウェディングといった人の人生の中での大きなイベントにも携われる他に、デパートのコスメカウンターなどでお客様の相談にのりながら1人1人にあったメイクを考えるという方法で活躍される方も少なくはありません。
現場によってはメイクだけでなく、本格的なヘアのスタイリングを求められることもあります。
メイクアップアーティストとして先程説明した場で活躍するには、メイクアップアーティストを抱える専門の会社に入る他、結婚式場やコスメブランドの美容部員として働くといった方法などチャンスは多々あります。
中にはその実力を認められてフリーで働く人や、女優専属とし活躍する方もいらっしゃいます。
メイクアップアーティストは派手なように見えて裏方の仕事となりますし、日々流行や技術の勉強などに励まなければなりません。
また制限のある時間の中で依頼者の希望にそうことや依頼者の個性やその良さを最大限に引き出さなければならない難しい仕事の1つと言えます。
しかしその分、達成感とやりがいを感じられる仕事とも言えるのではないでしょうか。

メイクアップアーティストは専門学校に行くと有利

メイクアップアーティストになるためには、美容専門学校やメイク専門学校に入学するのが良いです。
プロのメイクアップアーティストになると、現場では性別に関係なく様々な年齢や価値観のお客を相手に、柔軟に対応しなければなりません。
学校に行かなくてもなる方法はありますが、基礎を理解して研修などで多くの人と対面した専門学校生の方が即戦力として評価されやすいです。
一部のプロダクションや企業は、専門学校を卒業した人を採用条件に挙げています。
美容専門学校で、国家試験を受けて美容師免許を取得できるので、美容師として働きながらメイクアップアーティストとしても活躍できます。
美容師免許を持たない場合は、美容関係の企業に就職します。
ブライダルサロンや化粧品メーカーからの求人が多く、メイク部門などに所属します。
しかしヘアメイクとは関連性を持たない場所に配属されることもあります。
会社員なので、給料が安定しており福利厚生も心配ありません。
ブライダルサロンでは、お客となる花嫁のメイクを担当します。
企業に勤務している人は、ヘアメイクプロダクションに転職することも多いです。
テレビや雑誌、広告などの撮影の時に、モデルやタレントのメイクをします。

注目サイト

ヘナ白髪染め
http://www.11henna.com/
フィギュア買取り
http://www.hobby-toy.com/
北九州 不動産
http://www.answerclub.co.jp/
盗聴器 発見
http://www.hunter-zoro.com/
中河原 歯科
http://aoba-dc-fuchu.com/
福岡でホームページ制作
http://www.dotimg.co.jp/
豊中市 歯医者
http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/
名古屋で交通事故を弁護士依頼
http://kotsujiko-kanekuni.jp/

2016/5/13 更新

  • メイクアップアーティストの仕事内容
  • アシスタントになるために
  • スクールの仕事とイベント
  • 必需品のメイク道具
  • 専門学校で基礎を学ぶ
  • お問い合わせ
  • Copyrights(c) 2015 Facial dressing up. All Rights Reserved.